ベビーラップを肩で結ぶTASフィニッシュ

RSS
ベビーラップを肩で結ぶTASフィニッシュ

TASというフィニッシュの用語を聞いたことがありますか?Tied At Shoulder (肩で結ぶ)の略語で、日本では「タイドアットショルダー」とも言われています。

大人の肩のあたりで布を結んだり、リングを使って留めるフィニッシュです。ベビーラップの扱い方、引締めに慣れている方におすすめです。 家族との兼用やショートラップの活用など、ベビーラップの使い勝手が広がるアレンジ。

こんなときにおススメ:ラップの長さがたりない時・おんぶの巻き方でお腹への圧迫を避けたい時

結び方のポイント
タイドアットショルダーは、両方の布束をしっかりと握り、緩まないよう固定しながら結ぶことがポイントです。 結び方は、結んだ後に緩まない本結び、結んだ後に引締めの微調節が出来るふた結び(スリップノット→動画はこちら)。タイドアットショルダーでは、2つの結び方を巻き方に合わせて選ぶとより快適です。


@Babywearing 旭川


リングを使用する場合

リングを使用して留める際は、布地に適したサイズのリング選びが重要です。ラップのテールをしっかり固定できるように小さめのリングサイズがおすすめです(サイズS~M)。 ヘンプ混や少し厚手のラップなど、摩擦感のある布地はピタッと留まりやすく、リングフィニッシュとの相性が良いです。 リングとショートラップを組み合わせると、スリングのような腰だきや、お馴染みのF W C Cもお洒落に完成します。


@Wrapyouinlove

前の記事へ 次の記事へ

  • DIDYMOSJapan
コメント
タイトル
お名前*
メールアドレス*
メッセージ *

掲載前に全てのコメントについて、スタッフが内容確認いたします。

* 必須