ベビーラップの巻き方

ディディモスのベビーラップを使って赤ちゃんと快適な毎日を過ごしましょう。赤ちゃんの月齢やライフスタイルにあわせて、ぴったりな巻き方が見つかるはずです。赤ちゃんが成長するにつれて行動範囲も広がり、様々な巻き方を試してみたくなるものです。楽しみながら最適な巻き方に出会えますように!

一枚の布:ベビーラップでお気に入りの巻き方を


対面 の縦抱き(新生児~)

ラップ&クロスキャリー:生まれたその日から。小さく生まれた赤ちゃんも安心抱っこ。
カンガルーキャリー:ぐっすり眠った赤ちゃんの抱きおろしに。抜群の体重分散

対面の縦抱き(首がすわったら~)

ダブルクロスキャリー巻いてほどかずに抱きおろし。お出かけに便利

ポイント:縦抱きは、赤ちゃんのおでこに自然とキスできる高めの位置の抱っこ最適です。また、曲げた膝がお尻より高くなり、背中がゆるやかなカーブであることにご注意ください。


腰抱き(首がすわったら~)

シンプルなヒップキャリー:手軽で簡単に結ぶだけ
ロビンズヒップキャリー:背中の2枚布でしっかりと快適に。長いラップにも向いた腰抱き。
ヒップクロスキャリー:交差した布でお尻も安心 カンガルーヒップキャリー:肩や背中も快適

ポイント:腰抱きには、持ち運びに便利なショートラップも最適です。またスリングリングにショートラップを通すと、リングスリングとして活用もできます。

おんぶ(首がすわったら)

リュックサックキャリー:手軽でシンプルな高いおんぶ

おんぶ(腰がすわったら)

セキュアハイバックキャリー:反り返りや足ピンをしたがる赤ちゃんにも安全で高めのおんぶ
バックラップ&クロスキャリー:3枚の布で反り返りや足ピンをしたがる赤ちゃんや大きくなってきた活発的なトドラーもしっかり安定。

ダブルハンモック:布幅をいかしたチェストパスで体重分散