抱っこ紐なら新生児から使えるベビーラップ

オーガニックコットン100%の抱っこ紐

敏感なベビー肌に触れるため、品質に拘らなくてはなりません。有害物質、化学加工、染料にもアレルゲンなど一切含まない、お子様がしゃぶっても肌に触れても安心安全な100%オーガニックコットンに拘り研究を積み重ねています。契約農場で徹底した管理の下、有機栽培の原綿を使用しております。

オーガニックコットン
オーガニックコットン(有機栽培綿)とは種から加工まで化学処理をせずに作られたコットンのことです。
殺虫剤や除草剤などの農薬は使わず、有機肥料で栽培しています。収穫するときは丁寧にひとつひとつの綿花を手で摘んでいきます。また、生地を織りあげる時点でも化学処理は一切おこなっていません。オーガニックコットンには通常の綿とは違った手間ヒマがたっぷりかかっているのです。

当然、低コストで大量生産された従来のコットンに比べると原価は少し高めです。
しかし、DIDYMOSがオーガニックコットンに拘る理由があります。


オーガニックコットンの抱っこ紐

綿素材の実情

衣服等に使われる綿(コットン)の栽培には、虫がつきやすく大量の農薬が使われます。世界の殺虫剤使用量の内25%、そして農薬使用量の10%がコットンの生産に使われているのです。

害虫駆除、除草剤、殺菌剤、枯葉剤などの毒性の強い化学薬品を大量に使い栽培しています。
これらは土壌の劣化や地下水汚染など環境問題にも繋がる他、これが原因で世界のコットン生産国では健康被害、低賃金、児童労働等が問題視されています。


肌の敏感な赤ちゃんやアレルギー体質の方にとって、直接肌に触れるものには気をつけたいものです。DIDYMOSは徹底した管理の下、一切の農薬を使わない高品質オーガニックコットンに拘ります。


0.2%の本物と見極めた認証

オーガニックコットンのディディモス
日本でもベビー用品にオーガニックコットンが注目されています。
しかし、世界のコットン生産の中でオーガニックコットンの割合は、たったの0.2%だけなのです!オーガニックコットンと謳った偽物が多いようです。本物のオーガニックコットンを見極めるために、その製品が、公的に認証されているかをご確認ください。

DIDYMOSのオーガニックコットンは、有機栽培基準の中でも厳しいSKAL(オランダ)やIMO(スイス)という第三者オーガニック認証機関に認証されています。 EUのオーガニックコットン基準(EEC no2092/91)は種から加工まで全生産プロセスを細かくチェックするだけではありません。生産者の労働条件、公的買付や農業者支援(フェアトレード)まで生産基準にあげているのです。

オーガニックコットンのEU認証基準

  • 使う人への健康や安心だけでなく、作る人の健康と環境や労働条件を守っています。
  • 化学肥料を使わない輪作による栽培
  • 殺虫剤を使わず、天敵益虫を活用した害虫駆除
  • 遺伝子組み換綿花の栽培禁止
  • 枯葉剤を使わず、手摘みで収穫
  • 農業者および紡績工場作業者の良好な労働環境
  • 適正賃金の維持
  • 適正買付額・買付条件