ストレッチラップの使い方

ストレッチラップの使い方1

新生児、デリケートな赤ちゃんを優しく包み込むストレッチラップ。

ストレッチラップについて




巻き方のポイント

  • ディディモスのストレッチラップは、織物製のベビーラップに近いサポート力があり、縦の伸縮性があまりないため、織物ラップ同様に引締めながら、ぴったりフィットするまで調整します。
  • 布地の弾力性に優れるため、ラップを赤ちゃんの身体の前に広げたまま引締めることができる点が織物ラップと異なります。
<ご注意> 
ストレッチラップはメーカーによって素材の伸縮性・弾力性が大きく異なります。ディディモスのストレッチラップは織物性のベビーラップに近いサポート力があるからこそ、2枚のレイヤーでもしっかり赤ちゃんを支えることができます。ディディモス以外のストレッチラップをご利用のお客様はメーカーが推奨している巻き方をご利用ください。

ストレッチラップの巻き方2

対面の縦抱き(新生児~)

ラップ&クロスキャリー(FWCC):
密着感、体重分散に優れる前抱っこ。生まれたその日からずっと使用できる巻き方です。

動画はこちら


ストレッチラップの巻き方3

ポケットラップ&クロスキャリー(PWCC):
長い布を床に垂らしたくない、外出時や授乳に使いやすい巻き方です。 事前に身体に布を巻いて準備し、抱き入れ、抱き降ろしを繰り返すことができます。 


カンガルーキャリー(KC):
体重分散に優れ、通気性のある巻き方です。赤ちゃんが寝たら、ストレッチラップのままで降ろすことができます。



ダブルクロスキャリー(FCC):
首がすわったら、赤ちゃんの抱きおろしが簡単なクロスキャリー。お出かけに便利な巻き方です。

動画はこちら

 

ストレッチラップの巻き方4

腰抱き(首がすわったら)

ヒップキャリー:
赤ちゃんの視界が広がるヒップキャリー。アイコンタクトがとりやすく、親子で景色を眺めるお散歩に最適です。手元が見やすく簡単な作業もできます。

ロビンズヒップキャリー

クーレストヒップキャリー