抱っこ紐なら新生児から使えるベビーラップ

重量の選び方


DIDYMOS織物の商品を選ぶ際に「布地重量」に注目しましょう。織物で「目付」とも呼ばれている布地重量は布の重さを表します。単位面積あたり(㎡あたり)の布地の重さを示し、この数値が大きいほど、布地が重くなります。
  • 200/㎡未満のラップは新生児からのご利用や夏場にとても快適です。
  • 大きくなってきた赤ちゃんやトドラーのだっこやおんぶにサポート力や体重分散がもう少し必要なので、200g/㎡以上のラップがおすすめです。
  • 赤ちゃんの月齢や気候に合わせて、商品の「重量」を選ぶようしましょう。

250g/㎡以上の厚手のラップは、引き締めに力とコツも必要のため、ベビーラップに少し慣れてきた方におすすめです。厚手のラップはサポート力が抜群ですが、厚みを考えると夏用ならヘンプ混の素材を検討しましょう。厚手のラップは日本のショップでもご用意しておりますが、ご希望の方にはドイツより随時お取り寄せいたしますので、ぜひお問い合わせください。

厚さ
重量(目付)
対象月齢
巻き心地 この方におすすめ
薄手
180g未満
新生児~1歳頃
引き締めのコツが覚えやすい
初心者でも結びやすい
4月~8月生まれの赤ちゃん
新生児からベビーラップをはじめる方
中薄
180g~200g
新生児~2歳頃
巻きやすさと体重分散のバランスが抜群
引き締めやすい
ラップ1枚を新生児からトドラーまで使い続ける方

210g~220g
新生児〜2歳頃
巻きやすさと体重分散のバランスが抜群
引き締めやすい
使い心地は中薄と似ているが、
布の厚みによりサポート力が上がるため、
身体への負担をより減らしたい方におすすめ
中厚
230g~240g
1.5歳以上~
優れた体重分散やホールド感
引き締めの力加減があるので、
ベビーラップに慣れている方におすすめ。
トドラーのだっこやおんぶ
ショートラップとして
大きなお子さん
厚手
250g
2歳以上~
引き締めに力とコツが必要ですが、
体重分散とホールド感が抜群。初心者に不向きです。
同上