リュックサックキャリー

必要な長さ:ベースサイズ -2
いつから:首すわり~


最も手順が少ないおんぶ。ショートサイズでもできる。お尻シートをしっかり作れば、安定性が高い巻き方。赤ちゃんを1枚のレイヤーで包むので、通気性がよく、夏も快適。(リュックパス+バンチクロスパス+バンチクロスパス)

ヒント:クロスパスがシートの布の上を通るようにすると、布の摩擦でシートが外れにくい

こんなときにおススメ:手早くおんぶがしたいとき、小さな赤ちゃんのおんぶ

レベル:★★
※巻き方についてより詳しい説明書はこちらからダウンロード出来ます。

首すわり後~おすわり前の小さな赤ちゃん


歩き始めの大きな赤ちゃん


ウェストで結ばないリュックサックキャリー

妊娠中や暑い夏にはウェストで結ばないリュックサックキャリーが快適です。

※妊娠中のベビーウェアリングについて
妊娠前からベビーウェアリングを行っている場合、妊娠中でも続けることは可能です。切迫早産の心配などの医学的な問題がある場合は、産婦人科とご相談ください。


首すわり前の小さな赤ちゃん(サンタトス)

ご注意:首すわり前の赤ちゃんのおんぶは、ベビーラップに十分慣れてから行ってください。最初はぬいぐるみなどで必ず練習してください。ネックサポートのために、トップレールにあらかじめガーゼハンカチを巻き込むのもよいです。巻き方説明書(ダウンロード用)をご参照ください。

 

おんぶ(バックキャリー)

子育てには欠かせないおんぶ。リュックサックキャリーは赤ちゃんの背中全体をしっかり支えるため、首すわりからおんぶできます。たくさんあるおんぶの巻き方の中から、赤ちゃんの発達やお好みに合わせて選びましょう。初めておんぶする前に、抱っこの巻き方で布地の引き締め方やコツを覚えておきましょう。
ここでご紹介する巻き方以外にも、おしゃれなフィニッシュやショートラップ用のバリエーションなどが多数あります。