抱っこ紐なら新生児から使えるベビーラップ

ディディモスのはじまり

エリカ・ホフマン古代ギリシャ語で「双子」を意味するDIDYMOS(ディディモス)。その歴史はエリカと双子を含む4人の子ども達との物語に始まります。

***

人類の歴史の中で、ごく初期からあった子どもを抱っこで育てる文化。色々な抱っこの補助具が考え出されましたが、多くの民族は一枚布を抱っこやおんぶに使用するシンプルなスタイルです。
一方、ヨーロッパでは近代産業化が進むにつれて、都市の市民階級が赤ちゃんを乳母車に乗せるようになり、抱っこは忘れ去られてしまいました。
ようやくドイツのエリカ・ホフマンによって一枚布の実用的価値が再発見されたのは1971年になってからのこと。近くに頼れる親戚もなく、引っ越したばかりの村で4人の育児に奮闘していたエリカ。上の2人も幼く、下の2人は双子。それは想像を絶する慌ただしい毎日。何とか改善方法を探していたエリカ。以前、1枚の布で子どもを自分の身体に密着させ、元気に働く母親たちの写真に感心したことを思い出し、自分の育児に南アメリカのお土産にもらった布地を試してみるにしました。

使い方のコツをつかんだ彼女は、一枚布で子どもを身にまとうスタイルで近くを散歩してみました。 たちまち彼女たちは村の話題。今とは違い、抱っこに批判的な声も多く受けました。 しかも、子どもに中断されることなく、家事時間を自分でコントロールできることや親子がお互いを身近に感じ穏やかな心で過ごせる大きなメリットに気づきました。 他にも効果がありました。ティナは、先天性股関節脱臼の為、開脚状態に保つ特殊な装具の装着を医師から指示されていました。エリカは夜間こそ、この装具をつけさせましたが、昼間は使用しませんでした。ティナはベビーラップのおかげで、開脚姿勢でエリカの腰骨の上に乗っていたからです。担当の小児科医はその話を知りませんでしたが、その後の検診で治療効果があったことに非常に満足していました。 親子の様子がドイツの新聞や週刊誌取り上げられると、国中から問い合わせが殺到。当初、自らの双子の為にのみ使用のつもりだったベビーラップ。共通する悩みを持つ親達の役に立てるならと、彼女はより良い使い方と材質を改良を進め、商品化を実現しました。 こうして、いまや世界中で広く普及している「ベビーラップ」が誕生したのです。