抱っこ紐なら新生児から使えるベビーラップ

抱っこ紐の防寒対策

冬の抱っこは赤ちゃんにご両親の温もりが直接伝わるように

冬の寒い時期こそ、赤ちゃんがママとパパの温もりを直接感じられる 密着性の高い抱っこ紐・ベビーラップがお勧めです。赤ちゃんとの心地良い‘抱っこタイム’ を過ごすために、いくつかの注意ポイントもお忘れなく!
赤ちゃんを抱っこし、冬の散歩をするご夫婦


  • 大人の温もりが十分伝わるように抱っこする人の体に密着させます。 ゆったりコートがあれば、赤ちゃんを中に入れてあげることができます。もしくは前を空け、赤ちゃんをベビーケープや抱っこカバー で暖めてあげることもできます。赤ちゃんの温もりが伝わり、大人も赤ちゃんもポカポカ暖かくて、とっても幸せな気分!(参照:左写真)
  • コート中に入れない場合、大人の温もりが十分赤ちゃんに伝わらず、赤ちゃんは一人で保温しなければなりません。その際は、 ベビーカーに入っているときと同じようなしっかりとした防寒着で十分保温して あげてください。
  • 赤ちゃんが寒がっているかは足でよく判ります。時々、赤ちゃんの足を 触ってあげて、確かめてみてください。
  • 抱っこをしながら動いている大人と違って、赤ちゃんはずっとじっとしたまま です。 抱っこしている人の体が暖まっていても、反対に赤ちゃんの体が冷えてし まっている場合もありますので、 ご注意ください。
  • 寒さは眠気を誘います。体温が下がった赤ちゃんは泣くよりも、 かえって満足そうに見えることも。静かになっていることがありますので、 ご注意ください。

お勧めの抱っこ紐カバー

ウール製の黒い抱っこ紐カバー
秋冬の抱っこやおんぶに便利なベビーケープ。 DIDYMOSが開発したBabyDosはドイツ製の上質な圧縮ウールやマイクロファイバー&フリースを使用しており、赤ちゃんの体を暖め、風や悪天候から守ってくれます。
抱く方の手を入れるポケットなど、拘り商品です。
BabyDosを車のチャイルドシートカバーやベビーカーのカバーとしても兼用できます。

抱っこ紐カバーのご購入はこちらです。