抱っこ紐なら新生児から使えるベビーラップ

抱っこ紐とおんぶ紐の進化、ディディタイ

伝統的な中国のおんぶ紐「メイタイ」にインスパイアされたディディタイ。幅の広いショルダーストラップで優れた体重分散を実現。長年の研究や織物技術を活かし、抱っこ紐の装着の手軽さとベビーラップの密着性・体重分散を両立させました。

抱っこ紐の手軽さ x ベビーラップの快適さ

抱っこ紐

赤ちゃんを包む本体部分に4本のストラップをあらかじめ縫製していることで、手軽に装着できます。肩を覆うショルダーストラップ(大人の肩・背中にあたる柔らかい布)を密着するまで引き締めることで、密着の微調整が可能です。 ショルダーストラップは幅広のため、赤ちゃんの体重を肩全体や背中に広く、均等に分散します。ベビーラップと同じ上等な織布で作られており、引き締めやすく、サポート力が高いため、子どもが密着し、長時間も快適に抱っこやおんぶできます。 赤ちゃんのお尻や太腿を支える底部の幅は紐を引くことで微調整できるため、成長に合わせて常に正しい抱っこ姿勢(M字開脚姿勢)を保て、健康な発達を促します。 抱っこ・おんぶ・腰抱き兼用で、子どもの発達やご使用シーンに合わせて自由に選べます。

  • 装着が簡単。密着性や安定感の高い抱っこやおんぶ
  • 子どもの体重を両肩や上半身全体に均等に分散
  • 新生児~幼児(身長100cm)まで対応
  • 本体底部は20cmから42cmまで調節可能。正しい抱っこ姿勢(M字開脚)を常にキープ。
  • ヘッドレスト付
  • 抱っこ・おんぶ・腰抱き兼用

ディディタイの使い方はこちら
ディディタイ一覧はこちら

赤ちゃんの発達に合わせ、使い方は自由自在

生まれたばかりの赤ちゃんの対面抱っこから約3歳児のおんぶまでディディタイ一枚でお子さんの発達や使い方シーンに合わせ自由自在にご利用いただけます。お子さんをぴったりと密着させ、より快適な子育てを満喫できます。

説明書をダウンロード


ディディタイのこだわり

ヘッドサポートは調節用引き紐を2つのループの1つにくぐらせて引き締めることにより、好みの高さに調節できます。 ストッパーは回転させながら押し込むことでループをくぐらせることができるので、引き紐の締め・緩めを簡単におこなえます。
ループは内側にもついているので、色の違う両面をリバーシブルで使えます。
ヘッドサポートの高さは引き紐により自在に調節可能です。
引き紐は片手で締められるように一端を縫い止めてあります。
本体背部は子どもの背中にぴったり沿うようにデザインされています。
底部の幅は引き紐により子どもに合わせて調節することができます。


素材と製造

ディディタイは斜めの弾力性と高い快適性・サポート力を持つDIDYMOSベビーラップと同じ生地から作られています。全ての素材は徹底した有機栽培により生産され、認証を受けた企業により紡糸・染色されています。製造工程の最初から最後まで、生地には一切の化学処理が行われていません。ディディタイの縫製はドイツ・ルートヴィヒスブルクの縫製工場で行われており、ご希望の月齢・体重に合わせて調整することも可能です。

ディディタイの構造

サイズ

肩紐 長さ約200~220cm 幅約33cm
腰紐 長さ約85~90cm 幅約9~12cm
本体 高さ:約68cm(ヘッドレストを含む)
幅:約42cm
底部 20cmから42cmまで調節可能

この数値は新品・水通し前のディディタイのおおよその測定値です。
ディディタイは最初の水通しで4~5cm縮みます。

 

洗濯とお手入れ

ディディタイは液温60℃までを限度として洗濯機による洗濯ができますが、脱水は少ない回転数で行うように「お手洗いコース」や「おうちクリーニングコース」などをお勧めします。乾燥機も使用できますが、 高温乾燥は生地の柔軟性を損ねますので、必ず低温設定にしてください。