クーレストヒップキャリー

クーレストヒップキャリー
必要な長さ:ベースサイズ ー2(ショートラップ)
いつから:首すわり〜


赤ちゃんの視界が大人の前方から後方まで広がることで、好奇心を満たし、親子のコミュニケーションも取りやすい巻き方です。身体に布を巻いたまま、何度も赤ちゃんを抱いたりおろしたりすることができるため、外出中の抱っこや、歩き始めたお子さんの抱っこにもおすすめです。赤ちゃんが眠りたい時は、布を背中全体に広げることでしっかり安定します。赤ちゃんが布から手をだせば、布面積が小さくなり、夏も涼しく抱っこを楽しめます。 赤ちゃんをクロスした布が包むため、脚を活発に 動かすお子さんにもおすすめです。

ヒント:膝から膝まで、赤ちゃんのお尻をしっかり包み込み、安定したM字姿勢を取りましょう。

こんなときにおススメ:巻いたまま抱きおろしできる 涼しい腰抱き

レベル:★★

巻き方説明書ボタン巻き方の説明書はこちらからダウンロード出来ます。

 

首がすわってからの抱っこ

腰抱きは理想的なM字開脚が保ちやすく、体幹の筋緊張が高まり、バランス感覚も鍛えられるので、身体の発育が促されます。周囲に興味が出てきた赤ちゃんは、腰抱きにより視界が広がり、大人とのアイコンタクトをとりながら安心して新しい世界を発見することができます。大人も家事や作業をする時に手元が見やすくなり、自由な動きが取れるようになります。持ち運びに便利なショートラップ(ベースサイズ-2、-3)を活用できるため、旅行先や歩きたがるお子さまの頻繁な抱っこなどにも活躍します。