ディディタイ(メイタイ)の使い方

シンプルな使用方法ながら、ベビーラップ並みの密着性・体重分散機能をもつディディタイで、赤ちゃんと一緒の日常生活を楽しみましょう。

ディディタイについて


巻き方のポイント

  • ウエストストラップは、腰(骨盤)ではなくウエストの高めの位置で結びましょう。重心を高い位置に保つことで、快適に美しい姿勢で抱っことおんぶができます。
  • ショルダーストラップは幅が広く、部分的に引き締めることで密着感を微調整できます。肩の上に広げることも、すっきりまとめることも、お好みに合わせて自由自在にお使いください。

抱っこ(生まれた日から)

ディディタイ

基本の抱っこ
ウエストストラップの装着、ショルダーストラップ引き締め方方法など、ディディタイの基本的な使用方法を動画でご紹介します。

動画はこちら




新生児の抱っこ
新生児や小さな赤ちゃんを抱くとき、背当ての幅や長さを調整できる抱っこの応用編(エプロンストイル)またはラップ&クロスキャリー(FWCC)風の巻き方がおすすめです。

動画はこちら(エプロン)   動画はこちら(FWCC風)
didytai

シート補強
赤ちゃんが重くなってくると、ショルダーストラップを広げてシート(赤ちゃんの座る骨盤部分)を補強すると、布が重なり、サポート力が増します。ちょっとしたコツで大きなお子さんの抱っこやおんぶも楽々。

動画はこちら


プリタイド
ショルダーストラップを準備してから、赤ちゃんを抱き入れる方法です。赤ちゃんを抱 き入れたらすぐに引き締めて結ぶことができます。布が床につくのを避けたい外出時にもおすすめです。

動画はこちら
didytai

エプロンスタイル
ウエストストラップを結ぶ時にエプロンのように垂らす巻き方です。端の布は赤ちゃんが座るシート部分となります。小さな赤ちゃんの身体に合わせて、背当て布の高さを低く調節したい場合にもおすすめです。

動画はこちら


ベース調整(赤ちゃんの膝までに当たる布の幅)
足幅を赤ちゃんに合わせる調節方法です。 使い始める時には、調整してからお使いください。

動画はこちら

おんぶ(首がすわったら)

ディディタイ

基本のおんぶ
一番シンプルなおんぶで、チベタンチェストベルトをすると、体重が胸元にも分散されます

動画はこちら




前結びおんぶ
ショルダーストラップを胸元で結ぶことで安定感が増し、広げて体重も分散されます。

動画はこちら
ディディタイ

前クロスおんぶ
ショルダーストラップを大人の胸元から後ろを通し、赤ちゃんのお尻をしっかりサポートすることで、安定感・体重分散が得られます。

動画はこちら


高い位置のおんぶ
小さな赤ちゃんを高い位置でおんぶしたいときは、ウエストベルトをみぞおちより高い位置で結ぶ方法をご紹介します。

動画はこちら