抱っこ紐なら新生児から使えるベビーラップ

ヒップクロスキャリー

ヒップクロスキャリー
必要な長さ:ベースサイズ ー2(ショートラップ)
いつから:首すわり〜


クロスキャリーのように交差している布の間から赤ちゃんの脚が出ているため、脚をピンと伸ばしたがる赤ちゃんでも安心。布を肩まで広げれば、赤ちゃんの背中をしっかりサポートできる。スリップノットで結べば、引き締めの調整がしやすい。赤ちゃんを包む二枚目の布を内側にするか、外側にするかのバリエーションがある。

ヒント:赤ちゃんを抱きいれる前に、大人の背中や腰部分の布に弛みが無いよう調節しておくことがポイントです。

こんなときにおススメ:外出先、活発なお子さんの抱っこ

レベル:★★

説明書をPDFでダウンロード

首がすわってからの抱っこ

腰抱きは理想的なM字開脚が保ちやすく、体幹の筋緊張が高まり、バランス感覚も鍛えられるので、身体の発育が促されます。周囲に興味が出てきた赤ちゃんは、腰抱きにより視界が広がり、大人とのアイコンタクトをとりながら安心して新しい世界を発見することができます。大人も家事や作業をする時に手元が見やすくなり、自由な動きが取れるようになります。持ち運びに便利なショートラップ(ベースサイズ-2、-3)を活用できるため、旅行先や歩きたがるお子さまの頻繁な抱っこなどにも活躍します。 また、お子さまを正面で抱くようにすると、首すわり前からできるフロントキャリー(前抱き)にもなります(シンプルなヒップキャリーを除きます)。