おんぶ、リュックサックキャリーの巻き方のコツ

RSS
おんぶ、リュックサックキャリーの巻き方のコツ

リュックサックキャリーに初めて挑戦する方や、上手くできない方は下記のポイントをヒントにしてみてください。

お子様を背中で安定させる方法
お子様が肩越しに前を見渡せるように高めに背中に乗せましょう。背中にくぼみをつくるように屈みこみ、お子様を安定させて、ズリズリと・・・後ろを振り向いたときに、お子さんの顔がみえるような高さにしてください。

まずは片手でしっかりと赤ちゃんのお尻を支えます。 赤ちゃんのお尻を支える手の形もポイント。

親指を赤ちゃんの股にしっかり入れ、お尻の下を十分に支えます。ママ自身が、これだと落ちないわ、という安定感を感じて下さい。というわけで、とにかく「赤ちゃんを背中に乗せて、身もママの心も安定させる」ことは大切です。慌てずに、落ち着いて下さいね。

お尻の「ポーチ」の作り方

布を引き締めて、結んでいきますが、その前に大事なひと手間。
(1)赤ちゃんのお尻を包む「ポーチ」「シート」の確保! おんぶのお悩みナンバーワン(?)、お尻の布が上がってくるのを防ぐための大事な大事なポイントです。お尻の辺りの布が十分にあるように、足りなければ少し引っ張ります。

そして、赤ちゃんのお腹側から手をいれて、お股側に布を引っ張って、十分なシートを作りましょう!


引き締めの方法
(2)左右どちらからでも構いませんが、布を引き締めていきますよ。


 最後に結ぶまでのポイント
(3)お尻下でテールを交差させるときは、ポーチ部分の布が上がってこないように、布地の上で交差させます。最後はポーチ部分の布地をテールの内側から外に少し引っ張ると、さらに安定します。


©Wrap you in love

(4)引き締めた布は、最後に結ぶ(フィニッシュ)まで、常にピンと張った状態のままです。 決して離してはいけません。ゆるみの原因になります。 結んで、フィニッシュ!

Wrap you in loveによるリュクサックキャリーの基本テクニックもご覧ください。写真のステップ・バイ・ステップでコツがつかみやすいです。

ベビーラップが上手く使えない場合、どこでひっかかっていらっしゃるのか?など、お気軽にコメントなど残してください。その他、スカイプでの個別講習を承っております。 一緒にポイントを確認して安定感のあるベビーラップでのおんぶ、リュックサックキャリーをしましょう。 

 

投稿:嶋野奈津美さん

前の記事へ 次の記事へ

  • DIDYMOSJapan
コメント
タイトル
お名前*
メールアドレス*
メッセージ *

掲載前に全てのコメントについて、スタッフが内容確認いたします。

* 必須