抱っこ紐なら新生児から使えるベビーラップ

抱っこで深まるパパと赤ちゃんの絆

パパの抱っこ

パパともDIDYMOS LIFE!

以前に比べると、育児に積極的に参加する父親はとても増えてきたように感じます。しかしながら、父親が育児休暇を取るケースは日本はもとより、欧米でもまだまだ少ないです。 日中は仕事をして、子どもと過ごす時間が母親より圧倒的に少ないのが実態です。

限られた時間の中では、いかにお子さんと触れ合うかが最も大切です。また、時にはママも1人の時間を作って息抜きが必要です。
お子さんと離れて外出することは不安や心配もあるかもしれませんが、パパとお子さんにとっては親子の絆を深めるチャンスです。

パパにとって・・・

DIDYMOSベビーラップで抱っこやおんぶをすれば、一体感となり少ない時間の中で子どもとスキンシップが取れます。ベビーラップは安定感があり、両手が自由になるため、家の中や、 外出の時、アウトドアや趣味を楽しみながら、自然に赤ちゃんと密接な絆を築くことができるのです。親は眠っている我が子を身体に抱いているとき、愛おしく、この上なく強い感情が湧き起こってきます。赤ちゃんをたくさん抱っこして、パパの愛情を伝えてあげてください!


赤ちゃんにとって・・・

パパとの絆

赤ちゃんにとっても、ママのほかに、もう一人、 自分を見守ってくれる人に気が付くのはとても重要です。たくさん抱っこされた子供は人に対する信頼感を持ちやすく、世の中での生きやすさにつながると言われています。また、自分は愛されているという感覚も自然と育ち、自信につながります。

ママばかりに頼らなければならない、そんな子どもはママを失う不安から、人に対する信頼感や、自分が育てられ生きている世界に対する安心感を持ちにくいとも言われています。パパをはじめ、時にはおばあさんやおじいさん、知り合いの人たちに抱っこやおんぶをしてもらうのも赤ちゃんにとって良いことです。


ママのため・・・

パパが「抱っこやおんぶ係」になってくれるとき、 ママは子どもと一緒にできないことをしたり、少し休んだりして、ひとりでいる リフレッシュも必要です。「パパと二人だけでほっとけない」 なんて思うかもしれませんが、パパに任せることは家族にとってもメリットがあります。


DIDYMOSはパパの育児参加を応援します!

パパとベビーウェアリング
ベビーラップは、サイズ調整用のリングや金具が無いシンプルな一枚布で、どなたでもフィットし自由自在に結べることが大きな特徴です。身長差のあるご夫婦でも男女兼用でご使用いただけます。 また、男女兼用を考慮してデザインし、「大人かっこいい」ヨーロッパならではの色合いはパパにも人気です。
品質確かなドイツ製、赤ちゃんを理想的な姿勢で抱っこできるDIDYMOSは日本のパパに赤ちゃんとの新しいライフスタイルをお届けします!